美容外科とは?

近年、「美容」が付く診療科目が増えていますが、その中でも「美容外科」は古くからあるといった印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

実際、美容外科は今から30年以上も前の1978年(昭和53年)に標榜科目に認可されています。美容外科というと整形外科や形成外科などと混同されがちですが全く異なる医療分野である反面、総合病院や大学病院では独立科目としてではなく形成外科内に併設されるケースが多くあります。

しかしながら、最近の美容ブームで美容外科の需要が高まっているため美容外科を診療科目として併記する形成外科の開業医も増えています。美容外科というのは、通常の外科のように創傷や疾患部分の治療を目的としているものとは違い、外見的な部分を美しく整えるための標榜科目であり年々利用者が増加傾向にあります。

自身の容姿にコンプレックスがあり、日常生活に支障をきたすようなことではなくてもそのコンプレックスが精神的な負担になるのであれば美しさに焦点を当てた形成をしてその負担の軽減をはかることを目的とした医療であるといえます。

しかし、美容外科での施術は疾患の治療ではないため自由診療扱いとなり健康保険が適用されません。そのため全額自己負担というのが一般的となっていますが中には先天的な疾患により保険適用になるケースもあります。

また、美容外科と美容整形外科や形成美容外科の違いは何なのか明確にはわからないという人も少なくないと思いますが、美容外科の呼称として美容整形外科や形成美容外科と呼ばれているだけであり、その診療内容にほとんど違いはありません。